それでもフランス

フランスに憧れて来るひとは多いけれど、住むとなると、とっても大変。それでもフランスに住みたいというひとに、役立つ情報を!

所得税を申告する

フランスで働けるようになった年に、初めて

所得申告をしました。


フランスは源泉徴収を行っていないので、サラリ

ーマンでも各自が年に一度所得の申告を行います。


普通は税務署の方から申告のための用紙が送ら

れてきます。


しかし、初めて申告する場合は用紙が送られて

こない場合があるので、自分から税務署に取り

に行く必要があります。


送られてこないなら申告しなくていいんだと思

いたいところですが、そうはいかないようです。


フランスでの税金の申告、かなりややこしいです。


例えば、うちに家政婦さんを雇えば、減税対象に

なったりするので、忘れずに申告したほうがいいです。


何が対象になるのかは、所得申告の方法を書いた

雑誌が毎年、何冊も出回るので、参考にすること

ができます。


わたしの初の所得申告には間違いがあったようです。


2年ほどした後、税務署から連絡があり、申告の金額が

正しくないといわれました。


その年は、研修生として働いていた期間がありました。

その期間に、わずかな報酬をもらっていたのですが、

その金額を申告しなかったのです。


差額の税金とその割増金額を払うようにということでした。

わたしは税務署に出向き、なぜ、研修の報酬の申告を

しなかったかという、わたしなりの法律解釈を伝えました。


結局、わたしの言い分を聞いてもらうことができ、その分の

税金を払わずにすんだことがありました。


フランスでは、ダメもとでも言ってみたら、なんとかなる

ということがよくあります。


税務署の方の対応はとてもていねいでした。


その後は、なにか不明な点があれば、税務署の人にまず

質問してみます。


公認会計士などの専門家に頼み、減税対策をしている人

もいるようです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。