それでもフランス

フランスに憧れて来るひとは多いけれど、住むとなると、とっても大変。それでもフランスに住みたいというひとに、役立つ情報を!

フランス語で生きる

20年フランスで生活して、いま、どれぐらい

フランス語ができるかというと、フランス人並

だと思います。


でも完璧な、フランス語を話せるということ

ではないのです。


いまでも、知らない単語があるし、間違いもします。

日本人のアクセントもあります。


大人になってから習ったので、母国語と同じとは

いかないのです。


例えば、混んだ電車の同じ車両の反対側に日本人

の方が乗っていらっしゃいました。

騒音の中でもなんとなく会話が聞こえてきました。


フランス語だと少し雑音があるだけで、隣の人が

何を言っているのかわからず、聞き直すことが

あります。


子供のときにインプットされた言葉は、文法云々

を越えたところにあるような気がします。


じゃあ、なにがフランス人並みかというと、

自分の言いたいことをわからせることができる、

ということなんです。


このレベルの達するまでに時間がかかりました。


ずいぶん長い間、間違ったフランス語を話すこと

が怖かったのです。

人からなんと思われるかを気にしていました。


ここ数年、人からなんと思われるかを気にすること

が少なくなってきたので、フランス語で生きること

がずっと楽になって、言いたいことはどんどん言え

るように変わってきました。


フランス語で生きる(2) に 続きます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。