それでもフランス

フランスに憧れて来るひとは多いけれど、住むとなると、とっても大変。それでもフランスに住みたいというひとに、役立つ情報を!

フランス語で生きる(2)

ここ数年、フランス語で生きることが楽になった

ということを、フランス語で生きるという記事の

中で書きました。


ここに至るのにすごく役立ったことがあるので

紹介したいと思います。


それは多くの人に会うことです。


なんだそんなことかと思われるかもしれません。


でも、実は、フランスに住んでいても、フランス人

と話す機会がない、といっている人は結構います。


わたしも、そのうちの一人でした。

語学学校に行っていたときは、そこの学生と一緒

に過ごし、仕事を始めてからは、仕事関連の人と

話すぐらいでした。


いつも同じ人と会っていました。


類は友を呼ぶ、ということわざの通り、同じグループ

に属する人と共に過ごすのは、心地よいのです。


今は、新しい人に会う機会がたくさんあります。
自分の知らない世界を覗かせてもらえるので、
発見があります。


人と知り合いたいけれどどうしたらいいかわからない

という人には、メンバー通しで、イベントを企画しあう

インターネットのコミュニテイをおすすめします。


わたしは、演劇レッスンに興味があるのでその関連

のイベントによく参加します。


会話があまり必要のないイベントもあります。例えば
ダンスに一緒に行く、デッサンをする、カードゲーム。


わたしがメンバーになっているのは、

ON VA SORTIRMEET UP です。


どちらも会員になるのは無料です。


これらのコミュニテイの参加を通して、フランス語の

劣等感を克服していった話をSTORYS.JPという

サイトに書いてみました。


人見知りのわたしがスピーチコンテストに出た。それもフランスで(1)


人見知りのわたしがスピーチコンテストに出た。それもフランスで(2)


よければ読んでみてください。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。