それでもフランス

フランスに憧れて来るひとは多いけれど、住むとなると、とっても大変。それでもフランスに住みたいというひとに、役立つ情報を!

10年カードの更新

10年カードを更新しました。


といっても、フランスに住んで

いない人には意味不明。


フランスに長期に滞在するには

滞在許可書が必要です。


フランスは法律ジャングルの国。


滞在許可書もたくさんの種類があり複雑。


10年カードは、その名の通り10年間

フランスに滞在できる許可書。

労働許可書でもあります。


10年間、お役所に行かなくてもいい!

というなんともうれしい許可書なんです。


初めてこの許可書をもらった直後に、

永久滞在許可書というのができたんです。


次はこれ!お役所と永久におさらば

と楽しみにしていたのですが、

今回  問い合わせたところ、

それなくなりました、と一言。


カードの申請、更新のやりかたは、

県によってばらばら。


わたしのカード更新の時期と前後して、

更新のしかたが変更されました。

何度も県庁に足を運ばなければなりませんでした。

インターネットに書いてある内容

とは違っていたのです。


しかし、ありがたやカードのためには

これぐらいの努力はしかたがないと

あきらめもつきます。


更新に際して、提出する書類の少なさ

におどろきました。


そして、いちばんおどろいたのは、

収入の証明を出さなくていいこと


それまでは雇い主のレターや給料明細

などの提出が必要でした。


それがどーしたと思われるかもしれませんが

私には、それが自由を獲得したような気

がするんです。


もし自分がそーしたければ、街なかで唄を歌って

日銭を稼いでくらしても文句は言われない生活。
なんとも素敵に思えます。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。