それでもフランス

フランスに憧れて来るひとは多いけれど、住むとなると、とっても大変。それでもフランスに住みたいというひとに、役立つ情報を!

カード被害にあったら

カードを不正利用されました。


カードを無くしてもいないのに、オーストラリア

からATMで何度もお金を引き落としされていました。


ATMから引き落とすということは、犯人はカード番号

だけじゃなく暗証番号も知っているということですね。


どうやってそんな情報を盗むことができるのでしょう。


お金を盗まなれても、そんなに慌てないでいられるのは、

こういう場合は銀行から被害金額を保証してもらえると

知っているからです。

でなかったら、かなりショックでしょうね。


カードを止めたあとは、被害届を出しに警察に行かなけ

ればなりません。

フランスでは警察の種類が2種類あります。

市警察と国家警察。国家警察に行ってください。


急ぎでない被害届は、インターネットで仮の被害届を出し

ておくことができます。

そのあと、警察の方から面談日取りを決める連絡があるわけです。


数日立ってから警察から電話がかかってきました。

カード被害というのはざらにあるので、いちいち事情徴収

もしないそうです。

お好きなときに来てくださいと言われました。


窓口に行くと、氏名住所、被害金額を紙に書いて、警察のはんこ

を押してもらい、それでおしまい。


銀行から被害額全額返金と、新しいカードの再発行を

してもらいました。


こんなに簡単にお金を盗めて、さらに処罰されることもない犯罪。

どんどんはびこるわけですね。


このタイプのカード被害者の救済は、銀行に義務付けされている

ので、特別な保険に入ってなくても大丈夫です。

わたしも入っていません。


ただ、銀行の人は、何かあったときのためにと保険の加入を

勧めてくることがあります。保険の内容を読んで必要でなければ、

そう言って断っても大丈夫です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。