それでもフランス

フランスに憧れて来るひとは多いけれど、住むとなると、とっても大変。それでもフランスに住みたいというひとに、役立つ情報を!

滞在許可書は本当に必要か

インターネットが人生を変えた!


といえば大げさでしょうか?


わたしがフランスに来たときは、

インターネットは存在していましたが

一般に普及はしていませんでした。


日本の人と連絡を取るには手紙か国際電話。

電話は料金が高いので、元気にやっているよ

ぐらいの会話で、声を聞いて生きていること

の確認ぐらいで終わっていました。


だからフランスで生活するには、結構な覚悟

が必要でした。


フランス人に混ざって対等にやっていこう

ぐらいの感覚でやってきたわけです。


滞在許可書、労働許可書と苦労してきたのも、

このフランス人と対等にということがあったからです。


でも、インターネットのおかけで、どこにいても日本人

としてやっていける世の中になってきているような気が

しています。


世の中が変わりあるつつななで、これからフランスで生活

したいという人が、滞在許可書にこだわる必要があるのか

どうかと、考えているところです。


90日以内の滞在はビザ無しで大丈夫。

仕事はインターネットを使って、日本とやりとりすれば、

フランスの労働許可書は必要なし。


海外ノマドのライフスタイルを選択すれば、

滞在許可書うんぬんで、時間を取られる必要もない。


わたし自身はまだそこまで思考を変えるには至っていません。

でもそういう考え方があるということを、

みなさん、どう思われますか。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。