それでもフランス

フランスに憧れて来るひとは多いけれど、住むとなると、とっても大変。それでもフランスに住みたいというひとに、役立つ情報を!

新しいスピーチのシーズンが始まりました

以前の記事の中で、わたしがフランス語でスピーチを

始めるようになった経緯を書きました。


そして、半年後、スピーチコンテストに出場。


そしてまた、新しいスピーチのシーズンが始まりました。


1次、そして2次の予選を通過して、3次予選に出場。


3次予選は、劇場の舞台を使うと聞いていました。
ぜひともその舞台に立ってみたい!



その願いを叶えることができました。


そして、なんと、3位に入賞。


1位の人だけが最終選考に進むことができるので、
わたしのコンテストシーズンはこれで終わり。


私のコンテストスピーチをYOUTUBEに入れてみました。


Discours humoristique - Cartésiens



NAVIGOの定期

パリ近郊に在住で、公共交通機関をよく使う人には、

NAVIGOと呼ばれる便利な定期があります。


パリでは何駅から何駅までという定期ではなく、

区間別の定期で、契約区間内であれば、

どの駅でも乗り降りできます。


ところが昨年、NAVIGOの定期の何区間というのが

なくなり、今までと同じ定期で、すべての区間を利用

することができるようになりました (例外もあり)。


さらに、驚くことには、便利になった上に定期の値段が

値下げされたのです。


2016年現在、1ヶ月70ユーロ。


例えば、今まではパリの空港 (5ゾーン)に行くのに

余分に払わなければならなかったのが、定期で行くこと

ができるようになりました。


里帰りが、少しだけお得になった気分です。

サマータイムが始まります

来週の日曜日からサマータイムが始まります。
夜中の2時に時間を変更。

1時間早くなって、3時になるわけです。


毎年のことなので、大した混乱も起こりません。
でもたまに、待ち合わせの時間を間違えてくる

人がいます。


もともと、省エネ対策に導入された制度です。
でも今では省エネに関係なく制度だけが

続けられています。

この制度を止めようという議論もときには、

持ち上がっているのですが、

結局は続けられています。


3月に入ってから、とたんに春めいてきました。

日も徐々に長くなってきています。


サマータイムがやってくると、一気に日が長く

なったような錯覚をします。

でも、嬉しい錯覚です。


これで、みんなの陽気モードのスイッチがオンになり、

なぜか楽しくなってくるのです。